〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-16-6
Tel 03-3671-3711
内科 整形外科 リハビリテーション科 在宅医療(訪問診療)
厚生労働大臣認定
健康増進施設
厚生労働大臣認定 健康増進施設

江戸川区西小岩 の 守島医院

診療案内

コンディショニングセンター37:MINNA
つむぎ便り
クリニック・ドクターの情報についてはこちら

内科疾患全般を中心に高血圧や脂質異常症などの生活習慣をはじめ、

  • 健康管理
  • 服薬のご案内
  • 生活指導・栄養指導など

それぞれの方の生活習慣に合ったきめ細やかな診療を心掛けております。

また女性の健康管理のためのウィメンズヘルスに着目し、それぞれの女性のご年齢やライフスタイルに沿った健康管理のご提案をいたします。各種婦人科検診や乳がん検診など、ご相談に応じ検査可能な提携医療機関にご紹介いたします。

整形外科診療では、運動器疾患の回復を目指した運動療法やリハビリテーションを重視し、物理療法を取り入れた診療を行っております。

高血圧症

高血圧症

高血圧症は、原因となる病気が特定できない本態性高血圧症と、腎臓病、内分泌異常、血管異常など、原因となる病気が明らかな二次性高血圧症に分けられ、本態性高血圧症が大部分(90%以上)を占めます。ここでは、本態性高血圧について説明します。
血圧とは、心臓から送り出された血液が血管壁に対して示す圧力のことです。血液は心臓が収縮した時に送り出され、拡張時に心臓に戻ります。心臓が収縮した時の血圧を収縮期血圧(または最高血圧)、心臓が拡張した時の血圧を拡張期血圧(または最低血圧)といいます。
長期の高血圧によって、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。また動脈硬化が進行すると、眼底出血による視力障害、脳血栓による手足のしびれ、冠動脈硬化による胸痛、不整脈、腎硬化症などが起こります。

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症(従来の高脂血症)

脂質異常症とは、血液中にコレステロールや中性脂肪などの脂質が異常に増加した状態をいいます。長く続くと動脈硬化が生じ、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などの病気を起こします。

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血

鉄欠乏性貧血は、鉄が不足するために起こります。貧血の中でいちばん多い病気で、圧倒的に女性に多く、日本では成人女性の約5~10%がこの病気だといわれています。
原因は、鉄分の摂取不足または体内での需要増大、体外に失われる鉄分量の増加などです。ダイエットのための食事を続けると、鉄の欠乏を起こすことがあるので注意が必要です。鉄分の需要が増えるのは思春期や成長期で、体が大きくなるため血液量も増え、鉄分がさらに必要になります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、「骨強度の低下によって骨の脆弱性が亢進し、骨折リスクが増大した疾患」と定義されています。
老化と密接な関係がある骨の老人性変化ですが、特に閉経期後の女性に多く見られ、男性でも70歳以降には増えてきます。
骨粗しょう症になると、足のつけ根や手首、腕のつけ根などに骨折が起こりやすくなります。特に足のつけ根の骨折が原因で、寝たきりになるケースが増えています。
原因は年齢による骨組織の老化に加えて、カルシウムの代謝や骨の新陳代謝を促すサイトカインという物質の過剰分泌を抑制するエストロゲンという女性ホルモンが分泌されなくなるため、骨の生成と骨からのカルシウム吸収のバランスがくずれて生じます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経は、第4腰髄から第3仙髄より出た神経が集まって、腰から骨盤を経由してお尻へ、さらにももの後部を通って足へと向かう神経で、ひざから総腓骨(そうひこつ)神経と脛骨(けいこつ)神経に分かれます。全身の中でいちばん長く皮フに近いところを通っており、寒冷、圧迫、外傷などの影響を受けやすいので、神経痛が起こりやすくなります。
坐骨神経痛の痛みはももの後部に沿って、ふくらはぎから足の裏にまで及びます。

リハビリテーション科

リハビリテーション科

神経、筋、骨格の異常にもとづく運動機能障害者や心血管系の障害からの回復促進やがん症例における機能回復などきわめて幅広い対象に対して、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。
脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害、関節リウマチなどの骨関節疾患、慢性腰痛、四肢奇形または切断、脳性麻痺、小児神経疾患、急性心筋梗塞、慢性呼吸不全などから、再び社会生活ができるように運動能力の回復を目的とした治療を行います。
治療方法としては、運動療法、温熱・牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法(日常生活訓練など)、言語療法、装具療法、義肢作製、薬物療法や、最近ではロボットを用いた機能回復も試みられています。

理学療法

理学療法

病気や事故のため身体的に障害を負った方々に対し、今後生活していくために運動療法や動作練習、または物理療法などを用いて治療を行います。
また、障害が残っても、身体に残された機能を最大限に活用し、社会復帰を目指した訓練を行います。

  • ・運動療法
  • ・動作練習
  • ・物理療法
  • ・身体機能面への働きかけ
  • ・高次脳機能面への働きかけ
  • ・日常生活活動面への働きかけ