〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-16-6
Tel 03-3671-3711
厚生労働大臣認定
健康増進施設
厚生労働大臣認定 健康増進施設
 

病気の治療だけでなく、出来るだけお薬を使わず身体の力を高めていくような予防も大切にしています。

江戸川区 小岩駅北口から徒歩8分 コンディショニングセンター37:MINNA 健康体操教室

守島医院

コンディショニングセンター37:MINNAとは?

コンディショニングセンター37:MINNAは、医師の監修の下、健康増進や機能改善、運動療法を行う専用施設です。
指導者であるトレーナーは、運動に関する専門の資格「健康運動指導士」「健康運動実践指導者」を保有しており、医師と連携してご利用者ごとに最適な運動プログラムをご提供いたします。

「健康の維持」や「病気の予防」のためには、継続して適切な運動を行うことが大切です。
より多くの皆様に「健康のための運動」を楽しんでいただくために、そして毎日をいきいきとお過ごしいただくために、色々なトレーニングコースをご用意しております。

ぜひ、コンディショニングセンター37:MINNAにお越しください。

トレーナーのご紹介

 

ピラティストレーナー 長野 晃子

略歴

フィットネスクラブでのスタジオインストラクターとしてピラティスからエアロビクスダンスまで幅広いグループエクササイズを指導。
公共機関・医療機関での健康運動指導や講演多数。
健康運動用品の製品開発、プログラム開発アドバイザーなど、健康運動に関わるプロデュースに携わる。

ご挨拶

「病気の治療だけでなく、出来るだけお薬を使わず身体の力を高めていくような予防も大切」という医院の方針に感銘を受けました。
お一人お一人の生活に密着した、身体を楽にする運動方法のご提案とご提供をいたします。
治療だけでなく、健康を増進する場所として、元気をプラスできるような様々なプログラムをご用意してお待ちしております。

トレーナー 藤井詳也

略歴

総合フィットネスクラブにて勤務。
スタジオインストラクター・パーソナルトレーニング・マシントレーニング・水泳指導など、個人・グループ共に幅広く担当。

ご挨拶

総合フィットネスクラブ在籍時に、様々な身体の状態を理由に、入会をお断りしなければならない方がいました。
私はその方たちの入会をお断りする立場にありました。その時「本当に運動しなければいけないのは、本当に手を差しのべなくてはいけないのは、この人たちなのでは?」と、感じていました。
医療施設が運営する当センターでは、上記の方々に、運動方法やケア方法をご提案いたします!
運動初心者の方、久しぶりの方、とにかく体を動かしたい方、運動が苦手な方、私と一緒に運動しましょう!
まずはご見学にいらしてください。

トレーナー 遠藤佳子

略歴

小岩生まれ、小岩育ち。
長年、フィットネスクラブにて身体の機能改善を目指すパーソナル指導を中心に、マシーントレーニング指導、自体重トレーニング指導、水泳指導など、個人、グループ指導共に多種多様に担当。

ご挨拶

我が町小岩地区と、小岩地区周辺の皆様に、より健康になって頂きたい!!と、思っています。
当センターで身体を動かし、楽しくお喋りして心身共にリフレッシュしましょう。毎日、生き生きと、より楽しく過ごせるように、お手伝いさせて頂きます。
運動が好きな方だけでなく、運動は初めての方、苦手な方、痛い部位がある方も大歓迎です。お気軽にご参加ください。

 

厚生労働大臣認定 健康増進施設について

 

厚生労働大臣認定 健康増進施設

コンディショニングセンター37は、厚生労働大臣より「指定運動療法施設」の認可を受けています。 以下の、【医療費控除の対象になる方】が、医師から「運動療法処方箋」をもとにコンディショニングセンター37で運動療法を行った場合、当施設のご利用料が所得税の医療費控除の対象になります。

 

医療費控除までの流れ

  • 対象の疾病
    高血圧、脂質異常症、糖尿病、虚血性心疾患などの生活習慣病
  • 対象の条件

    ・医師が運動療法を行うことが適当であると判断し、月1回の経過観察を受診しながら治療を続けることができる方。

    ・週1回以上の運動をコンディショニングセンター37で続けることができる方。
    (*2か月以上継続することが条件です。)

詳細は次の【医療費控除までの流れ】をご確認ください。

医療費控除までの流れ

企業・法人・学校関係の皆様へ

福利厚生など健康経営の一環として、従業員の方々の健康増進・疾病予防に取り組まれる皆様のお手伝いをいたします。
お気軽にご相談ください。

導入例

“生活習慣・体質改善プロジェクト”

目的:生活習慣と体質を改善して健康的で健全な生活と身体の基礎を築くきっかけとする

目標:・正しい食生活を習慣化する
目標:・運動習慣を身に付ける
目標:・適正体重を目指す

期間:約4か月

プロジェクトの運営サイクル

 

定期的に医師の診察を受けていただき、トレーニングや栄養指導に対する適切な指示をそれぞれの専門職に行い、全体的な管理を行います

 

管理栄養士によって日々の食事内容をチェックし、適切なアドバイスを行います

 

健康運動指導士によるトレーニングを週単位で設定し運動します
パーソナルトレーニングとグループトレーニングを組み合わせて、適度な負荷で運動習慣を身に付けます

 

個々に目標を設定し、進捗状況をチェックします
身体に無理なく自ら積極的に取り組んでいただくために健康運動指導士が定期的にカウンセリングを行います

プロジェクトを実施されたお客様の声

「食生活をきちんとすれば体重が落ちることがわかりました」(参加者)
「自主的に体操に参加するようになった」(参加者)
「運動習慣が身についた。また、血糖値が改善された」(参加者)
「身体が軽くなりだいぶ動けるようになった。着れなかった服が着れるようになった」(参加者)

「社員が健康・運動・栄養・食事に対する意識が高まった」(経営者)
「社内勉強会などの座学で啓蒙するより、プロジェクトメンバーである同僚の変化を目にすることでプロジェクトへの注目が高まり、食生活や生活習慣を見直す社員が出てきた」(経営者)